Copyright 2005 All Rights Reserved

肛門卿シャロノフ絵日記

All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster

←このブログの公式バナーだよ!貴方も貼れば僕ちゃんも貼るカモナマイハウス♪

←僕ちゃんが大活躍するサイトだよ! サーバ移転して「プチ・リーニューアル」しました♪


    
banner.gif 人気アダルトBLOG エログ杯

大人気AV女優10名の高画質画像やサンプル動画をまとめて紹介! 怒涛の100ページ!当然、無修正!
各人気提携サイトの無料サンプルが自動的に更新され、常に最新のものが表示されます!当然、無修正!


無料
エロ
動画

肛門卿シャロノフ絵日記

バイオレンス・ハードロマン小説「シベリアンブルーサイド」に登場する肛門卿シャロノフ少将の非公式絵日記です!

ヒップ・コンシャス

 コンチクワ!また忙しくなってきました! 
 ところで、今日は、神様が創造したものの中でも、僕ちゃん的には一番美しいと思っていて、このブログのテーマに採り上げました「肛門」が収まっている「お尻」の特集です!

 女性のお尻は、「陵辱」するだけが楽しみ方ではないと思いますので、たまには「鑑賞」するのも良い感じですネ。


    
    
      


まあ、やっぱり思ったとおり、相当ありふれた特集になっちゃいましたか?
えへへ^^ スマソです!



電気責め MORE

 今日は「電気責め解説シリ−ズ」の最終回と云うことで、前回ご紹介した機材以外に、製品としてはどのような物があるのかを述べたいと思います。
 勿論、これらの製品は、全て人体に電流を流す目的で開発された物ですから、基本的に安全が確保されるように設計されています。
 とは云え、MAXではそこそこの電力を通電出来るものも含まれているので注意は必要です。
 すなわち、「いきなり乳首など心臓部に近い部位に通電しない」や「入浴後の体表面に水分が多い時には通電しない」等、常識があれば判断出来る内容のものです。

 まずは、スティムレーション・ユニットです。
 前回は「パワーボックス」と云う名前のスティムレーション・ユニットを ご紹介しましたが、基本的な機能はどれも同じようなものです。
 ただ、通電出来る電力の最大量や付属している諸機能、そしてコントローラーのパネルの顔で選ぶことになるでしょう。
 一応、責め具としても使えそうなものを集めてみました。
 名称を記載しておきますので、後は各自でご研究下さい。

 写真は左側の上段から順に、ErosTek ET 232 Audio ET-302R Remote Tens TX-3 PSG 202 Box PSG Max

    



 プラグ系は、前回ご紹介したものが代表的ですが、シールドとディルドが一体になった Shield and Dildo Combo や、ヒンヤリとした金属感が強調される Electric Plug Chrome などは役に立つかも知れません。

  

 また、拷問の雰囲気を出すためには、アクセサリーを選ぶことでかなり違ってきます。
 これらの器具は使い方次第で、本当に拷問として使えるものもありますから、あくまで自己責任でお願いします。
 但し、僕ちゃんの場合は、これらの器具は通電した時に、女の子が反射的に身体を大きく動かすために、思わぬ怪我をさせてしまうリスクがあるので使用しません。
 拷問を含めた全ての責めが、僕ちゃんのコントロール下になければならないと云う信念があるからでもあります。

 写真は左側の上段から順に、Electrical Forceps Electro Dagger Electro Knife Electro Nerve Wheel Electro Speculum Vacuum Electrodes

            
  
 最後になりますが、今回、「電気責めもまだまだ奥が深いな」と感じたのは、さやかさんのブログ「スパンキングとSM 」にリンクされている動画を見た時でした。
 その中に、電気アークを放つ機械を使って、全裸の女の人に電気責めをしているシーンがあったのですが、ビジュアル的に素晴らしかったことと、電気責めが専門ではない僕ちゃんには、それがどう云う仕掛けになっているのかが分からなかったからです。
 その動画では明らかに、電気アークの一種と思われるプラズマが放電されていて、女の人は「人工の小さな雷」に打たれている感じで、加虐心を煽られます。
 僕ちゃんの貧しい知識では、あれだけの電気アークを放つ以上、相当の電流が流れている筈で、それを電圧側でコントロールしていると思われますが、電気アークは溶接等でも使われるように、最低でも千度、高いものでは1万度とかの高温ですから、大火傷をしてしまう筈ですが、そう云う様子が見受けられません。
 もし、私がAVビデオの監督だったら、真っ先に使いたくなる、迫力がある責め具だと感心しました。


「電気アーク(プラズマ)責め」の動画をご覧になりたい方はこちらへどうぞ!
blog「スパンキングとSM」

ご褒美としての電気責め

 前回、交流の電流を使って、本格的な拷問することは危険性が伴うので慎重にすべきであると云うお話をさせて戴き、思った以上の反響を戴きました。
 僕ちゃんは決して、電気責めのエキスパートではないのですが、前回お話した本格的な電気拷問と、快感を助長させる目的で開発された人体に電流を流す装置とは、感電という事象は同じですが目的が全く異なります。
 そしてその違いを、一般の方はあまり理解されていないので、今回は、ご褒美としての電気責めの側から述べてみたいと思います。
 道具立てとしては物々しいことを利用して、前回、お話した2番目のケース(支配、被支配における調教)に活用出来ますし、こちらの方はかなり安全ですからご紹介が出来る訳です。

 ところで、ご褒美としての電気責めを行う場合、まずは、パワーボックスを入手しなければ何も始まりません。
 下に掲げている写真のパワーボックスは、9ボルトの乾電池でも作動しますから、屋外などでもご褒美を与えることが出来て便利なものです。



 最初にアナルにご褒美をあげる場合、色々な器具がありますが、ここではソフトな感触で気持ちが良い「アクリル製アナルプラグ」を使用することにします。
 これを女の子の肛門に、潤滑油をしっかりつけて挿入してから、ロッドの両側に付いていている電極伝導帯に、先ほどのパワーボックスを接続します。
 あとはコントローラーで、女の子が一番気持ちが良いと感じる強さにスイッチを調節するだけです。



 このパワーボックスには、2つの電極がついているので、もう1方に違う器具と接続することで、アナルとヴァギナの両方に電流を流すことが出来ます。
 ヴァギナへのご褒美として、お薦めするのは「エレクトリカル・シールド」です。
 これは多くの女性が、かなり強い性的刺激を受けてエクスタシー状態になるスグレモノだと思います。

  

 更にGスポットの専用刺激器具としては、電導ラバーボールとそれを接続するラバーベースからなる「リトルビッグマン」も持っていると悦ばれるでしょうでしょう。



 ペニス状の物で刺激して欲しい女の子には、「バージナル・プラグ」が最適でしょうし、もっと物々しい雰囲気を出そうと思えば「サムライ」なる器具も存在します。
    


 ご褒美としての電気責めでは、女の子が一番気持ち良く感じる電流の強さに合わせることが、決定的に重要なことです。
 この場合も、急にツマミを大きく回さないことや、心臓部に近い腰から上には使用しない等、最低限のルールを守れば、マッサージ機と同様、電気に素人の方でも楽しめます。

 また、パワーボックスの強さを最大にした場合は、結構、ピリピリしますので、初めて経験する女の子の場合、ギャーと悲鳴を上げることがありますから、拷問している雰囲気が出ないこともありません。

 ただ、これらのら装置は、基本的に長時間使用しても大丈夫なように設計(極めて小さな電力しか流せない)されていますので、そのうち必ず女の子が慣れてしまいます。

 従って、もっと大きな電力で感電させれるよう、コントロラーを改良(改悪?)したりし出すのですが、そこからが前回述べた、危険な「電気責め」の世界に入っていくことになります。


本当に痺れるお話

 忙しいのは相変わらずです(笑)
 ビンボー暇なしって本当ですね^^

 今日は「電流責め」について述べてみたいと思います。
 ただ、最初に断っておきたいのですが、この責めはとても危険なものですから、専門的な知識がない方は絶対に行ってはいけません。
 また、電気に関する専門的知識を有する人でも、SM経験が豊富でなければ、女の子等に気を取られてアクシデントを招く可能性もありますから、まず行わない方が良いでしょう。

 従って、一般には「電流責め」の気分を味わうと云うことで、低周波のマッサージ器で代用すれば何の問題も有りませんので、そちらを強くお薦めします。
 どうしても、本格的に「電流責め」を行わなければならない場合は、装置を自作するよりも、スライダック等市販のものを組み合わせる方がより安全です。
 但し、お酒と一緒で電流に強い人もいれば極端に弱い人もいるので、責め手である自分自身への保険として、「リミッター」は必ず接続するようにして下さい。

 ところで、僕ちゃんがこうした本格的な「電流責め」を行うケースは2つに限られます。
 ひとつは「電流責めマニア」のM女を拷問する場合で、彼女はより多くの電気を流して欲しいと願いますので、その危険度も高まります。
 但し、本当のマニアになると、体が条件反射になっている部分があって、軽めの出力でも、泡は吹くし白眼気味にはなるし、ウンチは漏らすわ体の中の液体は全部垂らす感じになるので、最初、情景的には加虐心を煽られますが、すぐにそれがSMではないことに気付きます。
 彼女の望むことを、普通の人では与えることが出来ないから、彼女の一種の奴隷になって、僕ちゃんが奉仕してあげていることに他ならないからです。
 従って、彼女が「電流責め」としては、そこそこの気持ち良さ(ただ、先程も述べたとおり、普通のエクスタシーなど及びもつかないくらい、激しい恍惚感を示しますが)を得た段階で、通電を止めます。
 エクスタシー状態で、更に通電を強めるとショック状態になることがあるため、それを避ける意味と、拷問がご褒美になってしまってはSM的には意味がないからです。

 僕ちゃんが、「電流責め」を行う真の理由は、もうひとつのパターンにあります。
 それは、「支配」「被支配」における調教のひとつとして行う場合です。
 その目的は、感電死に対する恐怖よりも、僕ちゃんを信じる気持ちと期待感が上回ったことを自覚させることにあります。
 その為、「電流責め」の装置類を含めて、出来るだけ物々しい雰囲気を演出します。
 車のバッテリーなども、剥き出しにして何個か並べておきます。
 僕ちゃんの「電流責め」は、様々な理由から「交流」で行いますので、直流であるバッテリー等は使用しないのですが、これも雰囲気作りの一環なのです。
 ただ、ダミーの銅線などを裸身に巻き付ければ、確かに気分は出ますが、どこで間違って銅線が帯電しないとも限りませんから、雰囲気作りはあくまで女の子の身体とは隔離された部分で行わなければなりません。

 やがて、意を決した彼女が、ベッド等に素直に横たわったたら、その時点で「調教」の目的は達していますので、後はお遊び程度に通電するだけです。
 あまりに呆気ないのも困るので、最初はトレーニングだと称して、低周波の責めをしてあげます。
 それから、交流をほんの軽めに流しますが、それも女の子が、アッとかウッとか云った段階で終了します。
 それ以上は決してしません。
 それは「調教」の目的が達成されたこともありますが、彼女のM女人生のおいて、「電流責め」のような危険な調教は、これで最後にして欲しいからです。
 間違っても、通電で快感や被虐感を与えてはいけません。
 「電流責めマニア」への道を歩ませては、心あるご主人様としては失格ですし、そこまで至らなくても、彼女が「電流責め」は大丈夫だと思って、別の機会に軽い気持ちで挑戦してしまう可能性もあります。

 少し物足りなくて、キョトンとしている女の子を強く抱きしめて、よく頑張ったと褒めてやります。
 そして、この責めは2人だけのものとして封印することを誓わせます。

 一度でもそれを経験することで、「責め」への憧れは軽減されるので、満足して2度目は手を出さないケースが多いのです。
 もし、「電流責め」を受けた事がなければ、やはり好奇心が打ち勝つこともあって、その時、責め手が「電流責め」に熟練していればまだ良いですが、経験不足の場合、彼女のリスクが大き過ぎるので、それを防いであげる事に意味があります。

 安全な責めには、決して手を抜かない僕ちゃんなので、「電流責め」に関しても彼女は、本格的に責めたと思ってくれるところミソと云えば、云えるのかも知れませんね。


  

  



「電気責め」の素敵な動画をご覧になりたい方はこちらへどうぞ!
blog「スパンキングとSM」


 | HOME | 

Calendar

10 | 2005-11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Appendix

肛門卿

肛門卿

コンチクワ!
肛門卿のアレクセイ・ウラジミール・シャロノフ少将です。
趣味は美少女の肛門観賞です♪

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

close