Copyright 2005 All Rights Reserved

肛門卿シャロノフ絵日記

All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster

←このブログの公式バナーだよ!貴方も貼れば僕ちゃんも貼るカモナマイハウス♪

←僕ちゃんが大活躍するサイトだよ! サーバ移転して「プチ・リーニューアル」しました♪


    
banner.gif 人気アダルトBLOG エログ杯

大人気AV女優10名の高画質画像やサンプル動画をまとめて紹介! 怒涛の100ページ!当然、無修正!
各人気提携サイトの無料サンプルが自動的に更新され、常に最新のものが表示されます!当然、無修正!


無料
エロ
動画

肛門卿シャロノフ絵日記

バイオレンス・ハードロマン小説「シベリアンブルーサイド」に登場する肛門卿シャロノフ少将の非公式絵日記です!

シベリアンブルーサイド 第2部 第1章 1

 お約束だった魔王との契りを済ませて戻ってきました!あちらでは千年くらい経ったと感じていましたが、こちらではわずか数年だったのですね!まあ、兎に角「肛門卿」復活です!たらま!
 何かムラムラと執筆意欲が湧いてきたので、「シベリアン・ブルーサイド」の第2部を今日から書き下ろしますね!ヨロピクです!!!


 

シベリアン・ブルーサイド  第2部  タチアナが見た月

 

第1章

 昨夜からペシニフの森には、濃い霧が立ち込めていて、5m先も満足に見通せない状態だった。これでは流石に、シベリアン・ブルーのソフィアを捕獲するのは、無理と云うものだ。それに今日はシベリア育ちの俺にとっても寒すぎる。

 全隊に捕獲作戦の一時中止を命じよう!何、焦ることはない。

 確かに、はるばるシベリアからバシコルトスタン共和国に入って5日が過ぎているが、今回は「凍る月」のレミコフからの情報だ。

 彼の情報は常に的確であると共に、相手に全く気付かれていることがない。ソフィアが首府ウファに潜伏していることは間違いないだろう。

 それに、今回、この作戦に動員している兵は、俺の直属部隊ではない。ロシア国境軍から回してもらった兵だ。

 まさかロシア国境軍が、シベリアンブルーの雌猫1匹を探し出すために動員されているとは、ソフィアも思わないだろう。

 これも、国境庁第1次官のウラジーミル・プロニチェフと、KGB高等国境指揮学校で同期だったお蔭と云うべきか。

 「アレクセイ・ウラジミール・シャロノフ少将(Генера́л-майо́р) 閣下!エカテリーナ・ラミレイス中尉(Лейтена́нт)殿がおみえです」

 「俺の名前をフルネームで呼ぶなと云った筈だが・・・」

 「も、申し訳ありません」 

 「アレック、相変わらずご機嫌が悪そうね」

 エカテリーナは分厚い毛皮のコートを脱ぐと、つかつかと俺の書斎に入ろうとして、ふと立ち止まった。

 「軍曹、もう戻っていいわよ」

 「は、はい!有難うございます」

 軍曹は俺と目を合わせるのが怖かったのか、エカテリーナだけに敬礼すると、そそくさと部屋を出て行った。

 「カーチャ、一体、俺に何の用だ」

 「何の用だとはご挨拶ね!これでも、とびきりの情報を持って来てあげたのよ」

 エカテリーナは俺に意味有りげなウィンクを送って寄越した。

 「情報だと?ふん、そんなものは電話1本で済む事じゃないか」

 「お生憎様!電話なんかで済ましたら、あなたに会えないじゃない」

 エカテリーナは、俺の部隊の専用外出服である、亜麻色のダブルブレスト・スペンサージャケットを脱ぐと、ソファーに深く腰を下ろした。

 「おいおい、ここでストリップショーでも始めるつもりか?」

 「ストリップショーはお嫌い?」

 「カーチャ、今日は妙に絡むじゃないか」

 「あなたが素直じゃないからよ」

 エカテリーナは、タイトのアーミースカートを脱ぐと、銃ホルダー付きのガーターベルトも緩め始めた。

 「分かった!俺の負けだ!話を聞こう!分かってるとは思うが、ここはヴォルゴグラードの俺の本部ではない。国境軍の施設だ。奴等の手前もあるしな」

 「へえ?エニセイの狂虎と恐れられたシャロノフ少将閣下も、ムルマンスク事変以来、すっかりいい子になったって訳ね」

 「何とでも云え!それに俺は今、或る重要な作戦で忙しいんだ!手短に頼む」

 「重要な作戦って、ただ小娘のお尻を追いかけているだけじゃない」

 「知っていたのか?」

 「当たり前でしょ!何年、あなたの秘書をやってたと思ってるのよ」

 エカテリーナは、フフンと鼻を鳴らしながら、まるで品物を値踏みでもするかのような目付きで俺を見上げた。

 「小娘の尻を追うのは俺の趣味だ!まあ、正確には尻の穴だがな」

 「アハハ、そうこなくちゃ!あなたは自分の嗜好に忠実であるべきなのよ!肛門卿になるスイッチの在り処を忘れないで!あなたの究極の優しさを、ゾッとする残忍性に昇華させる心のスイッチ!あたしは可虐のスイッチが入った肛門卿シャロノフが好きなの」

 「やはり君は変態だ」

 「あなたには云われたくないわ」

 その時、狼が近くを通ったのか、軍用犬が一斉に遠吠えを始めた。常に死と背中合わせの、本当の意味での野生の犬と、厳しい訓練はされているが人間の為にだけ生きている家畜の犬。そのコーラスは俺の耳には、狼が軍用犬に野生に戻れと促しているように聞こえた。

 「ジャーマン・シェパードって嫌い!狼でもなくペットでもない、その中途半端さが嫌なの」

 かつてエカテリーナが、そう、あれはムルマンスク事変の時だった。俺たちの跡を追う、ゲルニカの雫が放った軍用犬を、ベルト給弾式機関銃PM1910で、一匹残らず撃ち殺した時の情景を思い出して、俺はブルッと身震いした。

 「アレック、今から一緒に出掛けるわよ!ウファの郊外のホテルに、或る女性を呼んであるの。先刻話した、とびきりの情報は彼女が持っているわ」

 「今からか?外出するには外は少し寒すぎやしないか?」

 「大丈夫!彼女は、タチアナはきっとあなたの好みだわ」

 「そう云う問題ではなくて」

 「シベリアンのあなたが寒いだなんて!拍子抜けもいいところね!いいわ、あたしが今脱いだコートとジャケットを貸してあげる」



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://momosaki.dtiblog.com/tb.php/53-605208f0

レンタルされました

最近の若い女の子ってホストクラブには抵抗あっても、レンタルホストを家に呼ぶのはいいみたいね。

おれがオカズにされたw

いつも通りチャックからポロンと出して見せてたら、なんかモゾモゾ動いてやんの。なにしてんのかなーと思って覗き込んだら自分でパンツの上から割れ目をさすってやがったwまだ若い娘だったからムラムラきちゃったんだろうなぁ。。

かっちかちやぞ!

チソコの写メ撮られてたらおっきしちゃったおwww「ちゃんと面倒みてよ?」って言ったらまさかのパクリンチョ!!あの娘もなんだかんだでしゃぶりたかったんだろうなw

なにあのヘンタイ女w

昨日生まれて初めてザー汁をゴックンしてもらったぜ!!しかも「濃いの出してくれたから」とかって5マンくれたし…。ちょっと恐かったけどまたあの女にザー汁を5マンで売りつけてやろうwww

マイブームはじゅくじょw

今までもっぱら若い女が好きだったけど塾女のテクを一回知ってしまったらもうやめられんよな(笑)

逆助援でハッピーライフ

約束してた女と昨日会ってきたんだが、相手は仕事帰りだったらしく会う時スーツで来たんだよ。俺も一応脱サラした身だから「仕事大変だよねー」なんて話をしてたら女にすっかり気に入られてさ(笑)

 | HOME | 

Calendar

06 | 2017-07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Appendix

肛門卿

肛門卿

コンチクワ!
肛門卿のアレクセイ・ウラジミール・シャロノフ少将です。
趣味は美少女の肛門観賞です♪

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

close