Copyright 2005 All Rights Reserved

肛門卿シャロノフ絵日記

All trademarks and copyrights on this page are owned by webmaster

←このブログの公式バナーだよ!貴方も貼れば僕ちゃんも貼るカモナマイハウス♪

←僕ちゃんが大活躍するサイトだよ! サーバ移転して「プチ・リーニューアル」しました♪


    
banner.gif 人気アダルトBLOG エログ杯

大人気AV女優10名の高画質画像やサンプル動画をまとめて紹介! 怒涛の100ページ!当然、無修正!
各人気提携サイトの無料サンプルが自動的に更新され、常に最新のものが表示されます!当然、無修正!


無料
エロ
動画

肛門卿シャロノフ絵日記

バイオレンス・ハードロマン小説「シベリアンブルーサイド」に登場する肛門卿シャロノフ少将の非公式絵日記です!

シベリアンブルーサイド 第2部 第1章 3

 「さあ、着いたわよ」

 もし、ホテル・ボネーシャと云う看板がなければ、誰もここがホテルだとは気付かないだろう。それほど薄汚れた1軒屋の前でジープは止まった。

 今夜のルーレットは、幸いシングルオーとダブルオーの目は出なかったようだ。それに、エカテリーナが云ったとおり、車内のヒーターは極度に利いていて、幌の破れを補って余りあった。

 「アレック、あなた、まだタチアナの写真を見てないわよね!」

 「何故、写真を見る必要がある?タチアナはもうこのホテルに来ているんだろう?」

 「お生憎様!タチアナが来るのは明日の朝よ!あたしは今からモスクワに向かわなければならないから、あなたが明日、自分でタチアナを見つけて接触するの!」

 「おいおい」

 「アレック、まるで私が騙したとでも云いたそうな顔をしているわね!私は或る女性を呼んであるとは云ったけど、もう来ているとは云ってないわよ」

 「普通、呼んであると云えば、既に来ていると思うだろう?」

 「それは、言語の意味に関する見解の相違ね。さあ早くタチアナの写真を見て頂戴!

 「やれやれ」

 俺は仕方なくダッシュボードの中にあった、数葉の写真を取り上げた。

 「カーチャ、タチアナと云う娘は、明日、私の前に全裸でやって来るのか?」

 「まさか」

 ダッシュボードの中から取り出したタチアナの写真は全て、生まれたままの姿が写っていた。

 「タチアナは現役のシベリアンブルーよ!タチアナ・メドルスキー伍長

 「何だと?」

 「正真正銘、シベリアンブルーのサンクチュアリ部隊員よ!」

 「本当か?」

 「だから、とびきりの情報だって云ったでしょう!アレックも知ってのとおり、サンクチュアリ部隊員は、全員が10代の女の子で構成されていて、宿舎にいる時は身の潔白を示すために、全員、全裸で生活をしているわ。だからタチアナも全裸の写真しかないの」

 「有り得ない!幾ら10代の兵士だけが所属しているサンクチュアリ部隊でも、あのシベリアンブルーだぞ!敵に寝返るなんて信じられるか!」

 「まあね、アレックがそう云うのも無理はないけど、今回は本当なの。「凍る月」のレミコフの情報も元をただせばタチアナからの情報なのよ」

 「これは罠に違いない!」

 「さあ、どうかしら?罠かどうかはご自分でゆっくり確かめてみることね。シベリアンブルーの現役隊員と、1対1で話せる機会ってめったにないでしょ!それだけでも価値があると思うわ」

 「まあ、確かにそうだが・・・」

 俺は、タチアナがシベリアンブルーのサンクチュアリ部隊員と聞いて、頭に血が上った。

 俺が今、大掛かりな捕獲作戦を展開しているソフィアと同じ、伝説のシベリアンブルーが、俺の元に情報をもたらすなど、とても信じられる事ではなかった。

 「タチアナは今、ご両親の病気でお金に困っているの。500万ルーブルで話が付けてあるわ。ちゃんとお金はあなたが払ってね」

 「金は全く問題ないが、そんな事より一番問題なのは・・・」

 「アレック、幾ら伝説のシベリアンブルーって云ったって、推定だけど100人はいるのよ。確かにシベリアンブルーは一騎当千の工作部隊で、これまでも大きな事件の陰には必ずと云っていいほど、シベリアンブルーが絡んでいるけど、弱兵が1人位いたとしても不思議ではないわ」

 「まあいい、俺が直接、確かめてやる!」

 「そう、その意気よ!それに500万ルーブルって大金でしょ!シャロノフ少将閣下のご趣味は、女の子の肛門鑑賞だから、罠ではないと云う証を示すためにも、このホテルでじっくり、あなたの肛門を観察してもらいなさいって云ってあるの」

 「それはご親切に」

 「いいえ、愛するアレックのためだもの!このくらいの事、何でもないわ」

 そう云うとエカテリーナは、ジープを発進させようとした。

 「カーチャ、ひとつだけ質問をしていいか?」

 「どうぞ」

 「何故、タチアナの肛門を観察したら、それが罠でないと分かる?」

 「あーら、あなたはいつも云ってたじゃない!俺は女の子の肛門の臭いを嗅げば、その子が俺に嘘をついているかどうかが直ぐに分かるって」

 「ぐっ」

 「まあ、あたしはどう云う臭いの違いで、それを判別しているかまでは分からないけど」

 「OK!カーチャ、では、最後の質問だ!」

 「どうぞ」

 「カーチャも知っているとおり、俺は俺自身の趣味を、絶対に金で買うことはない!それは俺の生涯を賭けたポリシーだ!この点はどう解釈したらいい?今回の肛門観察は、500万ルーブルで買ったと云えなくもないぞ

 「あら、あなたがお金で買ったのは、タチアナの情報だけよ!でも、これまでの経緯からして、あなたはその情報は極めて疑わしいと思うわよね!タチアナもどうしたらあなたに信じてもらえるのかを困っていた。だから、あたしはあなたの特殊能力の事を話したの!シャロノフ卿は、あなたの肛門の臭いを嗅げば、あなたの情報が本当かどうかピタリと分かるとね。そしたらタチアナもすごく納得して、ああ、だから「肛門卿」と皆さんから呼ばれていらっしゃるのね。素敵だわ、そんなエスパーみたいな特殊能力をお持ちだんて!」

 「それは本当かね!どうも君から聞くと、本当の話でも嘘っぽく聞こえてしまうのだが」

 「失礼ね!要するにタチアナの肛門の臭いを嗅ぐのは、あなたの趣味ではなくて、任務だってこと!あなたのポリシーとは関係ないの!分かったでしょ?」

 それだけ云うと、エカテリーナはジープの砂埃を巻き上げて、早々と立ち去ってしまった。

 仕方がない。今夜はこの場末のホテルで泊まることにしよう。

 しかし、エカテリーナから肛門観察の話まで聞かされているとしたら、普通は怖くて、このホテルまでのこのことやっては来ないだろう。もし来たとしたら、命知らずのシベリアンブルーの事だ。益々、情報は疑わしいと思わざるを得ない。

 その時だった。

 「何、云ってるのよ、アレック!あたしの言葉が信じれないの?それにタチアナって娘は、そんな半端な娘じゃないわ!来るって云ったら絶対来るわ!それもとびきりの情報を持って、あなたの前に肛門を突き出しにね」

 俺の脳裏の奥で、エカテリーナがそう叫ぶ声がしたような気がして、俺はまたブルッと身震いをした。




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://momosaki.dtiblog.com/tb.php/55-93ccd673

フルボッキ!

チソコの写メ撮られてたらおっきしちゃったおwww「ちゃんと面倒みてよ?」って言ったらまさかのパクリンチョ!!あの娘もなんだかんだでしゃぶりたかったんだろうなw

しぼりとられるぅぅぅ!!

あそこの中ってあんな絡みついてくるもんなの?テンポ抜く時、ちゅっっっぽんっ!!ってすげぇ音したしなwこれで小遣い稼げるとか、世の中おいしい話なんていくらでもあるんだなw

お前らには分からん話だ

お前らのような情報弱者は知らんだろうが時間も労力も使わずに稼いでいる人間なんて沢山いる。まあ、俺もその一人だ。と偉そうに言ってるが、実際は女にチソコ見せてるだけっていうwww

大人の男になりました

女のアソコってあんなに暖かいもんだったんだ?しかもニュルニュルしてるし、まじおちんポミルクが止められないんだけどwww

もうずぶぬれ

ちこっと指出し入れしただけで「ぷっしゃ――――っ!!」って吹き出してやんの!その後もそのコってばイキまくっちゃって、お礼に10枚も札もらっちッタ!!

セフれ4人目確定!

彼氏の為に工ッチの練習しなくちゃいけないとか言ってたけどあれ絶対言い訳だわw「ほんとは工ッチ大好きなんでしょ?」って聞いたら「あんまり好きじゃない」って言ってたけど、その割に自分から腰振りまくって感じまくってたぞw

ドーテーは売るものだそうですw

フーゾクですませたヤツ涙目だよね。逆に金貰ってドーテー捨てれるんだもん。おれの場合は6まんだったけど、男前ならもっと高額狙えるんじゃないかな?

先日のサイト

出張のついでに教えて頂いたのをヤってきました。地元じゃヤバいですしねw記憶では確か3万と聞いていたような気がしたのですが、パコっただけで5万、追加でペロペロして2万の計7万もらえましたよ?

 | HOME | 

Calendar

08 | 2017-09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Appendix

肛門卿

肛門卿

コンチクワ!
肛門卿のアレクセイ・ウラジミール・シャロノフ少将です。
趣味は美少女の肛門観賞です♪

利用規約

このブログを通報

Report Abuse


エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

close